ビーズ編みと健康

ビーズ・コレクション☆アラカルト

ビーズ編みと健康

      ビーズ編みと健康


 ビーズ編みを長時間していると目・肩・腰が特に疲れます。

 目・肩・腰に関する健康法を紹介してますので参考にしてくださいネ。






ビーズ・コレクション☆あらかると〜TOP
 
 ○目に良い食べ物

 ・ブルベリー(これが一番です。)
 果実がエレガントなブルーになって収穫されることからその名がついたそうですが、目にいいといわれる色素アントシアニンや各種ビタミンが豊富に含まれており、また強力な抗酸化作用があることが注目されています。
 ガンや脳卒中など成人病の発病、あるいは老化やさまざまな症状には、かなりの割合で活性酸素が関与しているといわれ、その過剰に発生した有害な活性酸素を抑える働き(抗酸化作用)、または活性酸素を消去する作用をブルーベリーのアントシアニン色素が強力に持っているそうです。
また、ブルーベリーには食物繊維が豊富に含まれており、キウイフルーツやバナナをはるかに上回って果実の中で「最高の食物繊維」を含んでいるそうです。

 ・ビタミンAが豊富に含まれる食品
 目の粘膜や新陳代謝を活発にして健康にします。不足すると夜盲症『鳥目)や眼球乾燥症が起きます。
 人参など緑黄色野菜、うなぎ などに多く含まれます。

 ・ビタミンB2が豊富に含まれる食品
 不足すると目の充血や目じりのただれが起きます。
 アボガド、鮭などに多く含まれます。

 ・ビタミンC,Eが豊富に含まれる食品
 抗酸化作用があり、紫外線によって目の中に発生した活性酸素による酸化を防ぎます。
 果物、淡色野菜、カボチャ、アーモンドなどに多く含まれます。

 ・タウリンが豊富に含まれる食品
 活性酸素で痛んだ水晶体の修復を早めて活性化する。
 また、網膜に広く分布する光受容細胞の働きを高める効果がある。
 つまり視力低下を防ぐ物質なのだそうです。
 さらにタウリンには疲労のもとにあんる乳酸の蓄積を抑える働きもあるので、疲労回復の効果も期待できる。
 スルメの白い粉の部分、サザエ、カキ、ホタテ、しじみ等の貝類、イカ、
サンマ などに多く含まれます。

 ・眼精疲労を回復するには
 (1) 長時間に及ぶ作業をする人は、必ず1時間に5〜10分は休憩を取り、肩や首をほぐすような軽い体操をする。
 (2) ツボマッサージ
目の周りにはたくさんのツボがあるので詳しい場所が分からなくてもOKです。
眉毛の上に沿って、鼻の付け根、目の下の骨、こめかみを順に指の腹で心地よい強さで押す。
少し押すだけでかなりスッキリします。但し直接眼球を押さないようにして下さい。
 (3) 蒸しタオルを目の上に乗せるのも効果的です。(5分程度)

 ビタミン類、タウリンの事はビルベリーさんのHP『目に良い食物を摂ろう!』より引用させて頂きました。有難うございました。
→簡単なレシピと完成品
→ビーズステッチの種類
→便利グッヅ類の説明
→工具類の説明
→自作ビーズジュエリー
→ビーズレシピ販売
→ジュエリーショップ一覧
→ビーズ編みと健康
→プロフィール
→LINKについて
 
 ○肩こりと健康法

 ・ブルベリーの効能
 パソコンなどデスクワークを続けていると、眼精疲労になります。すると交感神経優位になり、血管が収縮して肩がこりやすくなります。これらの商品はそんな目の疲れを取ってくれるものばかりです。ぜひお試しください。
 ブルーベリーは健康に役立つハーブとして知られていますが、特に目の疲れに効果があるようです。パソコン、運転で目が疲れる人が多い時代なので、是非取り上げてください。

 ・ヒアルロンサン
 目の硝子体に存在するヒアルロン酸は、緩衝作用、組織形状の維持の役割をしています。摂取する事でドライアイやコンタクトによるめの乾きを防ぎ、目の疲れ予防します。
 肩のこりと目の疲れは相関しています。目を使いすぎると交感神経が興奮し、血管が収縮して血行が悪くなります。そのため肩がこるのです。

 ・サプリメント
 サプリメントの中でもビタミンB群を多く含むものが、肩こりや目の疲れに効果的です。あまりにも多くの種類が出回っており、個々の評価は困難ですが、栄養剤は疲れの除去に効果はあります。

 肩こりどっとコムさんのHPより引用させて頂きました。有難うございました。

 
 ○肩こり・腰痛のチェックと解消法

 肩こりは毎日おんなじデスクワークしている人のいわばこれ、職業病。うまくつきあいましょ♪。
 日本人にとって今や“肩こり”や “腰痛”はお馴染みの症状です。日本人が訴える自覚症状の中で、男性は「腰痛」1位、女性は「肩こり」1位を占めているほどです。
 ■肩こり・腰痛になりやすい習慣・性格
  1.長時間のデスクワークが多い。
  2.眼精疲労やドライアイが常に気になる。
  3.食べ物の好き嫌いが激しく、酸っぱいものや柑橘類はあまり食べない。
  4.イスに座るとすぐ足を組む習慣がある。
  5.荷物を片側の肩にかけたり、片方の腕のみで持つ習慣がある。
  6.寝転がってテレビを見る、読書をする習慣がある。
  7.運動不足で体を動かす習慣がほとんどない。
  8.人間関係でストレスがたまりやすい。
  9.ゆったりくつろげる時間が少なく、睡眠不足気味である。
 10.残業も多く、休日も仕事が入ることがあり、超多忙である。
 11.気になることがあると、つい考え込んでしまう性格である。
 12.いつも倦怠感があり、やる気が起きない。
 13.仕事もプライベートも几帳面にキッチリこなすタイプである。

 ■今からできる、肩こり・腰痛の解消法
 「肩こり」「腰痛」は身体を動かすことも大切ですが、気分をリフレッシュすることも大切です。
  「肩こり」「腰痛」は、頭を支える首の筋肉や腰の筋肉が緊張し硬くなり血行不良の状態です。
 筋肉の緊張からくる硬さをほぐし、血行を良くするにはいくつか方法があり、組み合わせて行うことでより効果があがります。
 以下に、今すぐ出来る肩こり・腰痛の解消法をご紹介します。
  1.姿勢が悪くならいように、机、イスの高さ、パソコンの配置をもう一度見直す。
  2.視力が低下していないか、メガネは合っているかを確認し、目の疲労を予防する。
  3.眼精疲労は、まぶたを温めると解消しやすい。
  4.熱中できるスポーツなどで体を動かす習慣を持つ。
  5.仕事の合間に、腕や首、背中のストレッチをして肩周り、腰周りの筋肉を動かす。
  6.会社帰りに余裕のあるときは、いつもよりも遠回りをして歩いてみる。
  7.半身浴をして身体を温める。
  8.毎朝毎晩など、適度のストレッチを続ける。
  9.重い荷物を持つときは中腰にならない様に工夫する。
 10.同じ姿勢を続ける時は1時間に5分〜10分位のびなどをして、身体を動かす。
 11.精神的ストレスを溜めず睡眠不足にならないようにする。
 12.足・腰を冷やさないようにし、体を冷やさないようにする。
 13.慢性の腰痛には腰のベルトなどを使って腰にかかる負担をへらす。

 肩こり・腰痛改善エクササイズ | 健康Salad さんのHPより引用させて頂きました。有難うございました。


Copyright (C) ビーズ・コレクション☆あらかると All Rights Reserved